レズビアンストーカー~小悪魔制服少女に狙われた私~水谷あおい 水沢つぐみ

ショート.レビュー。
ショート.レビュー。ドラマ。調教。

サンプル動画あります。

(年月)2021/12/04

(メーカー)U&K

(監督)れんと

(キャスト)水谷あおい(https://mobile.twitter.com/mizutani0522)、水沢つぐみ(https://mobile.twitter.com/tsugumizu)

(時間)120分

①水谷あおいは眠っている。

いや、両手に手錠をはめられているので眠らされているのがわかる。

水沢つぐみは自分の部屋に水谷あおいを監禁した模様だ。

壁には沢山の水谷の写真。

水沢が水谷に好意を抱いていて、それが異常な感じで発達していったのかも知れない。

乳首を舐めたりコーマンの匂いを嗅いだり、欲望を抑えきれないようだ。

②2日前に遡る。

水沢はスマホで撮影したりしながら水谷を尾行している。

その愛情は異常の域に達したらしく、引き伸ばして壁に貼ってある水谷の写真を舐め回したり、スカート姿の下を覗き込もうとしたりしていた。

写真を舐め回すシーン、最初は遠目ばかりで見えなかったんですが、後半はアップで見れて良かった。

妄想は膨らみ、オナニーを始める水沢。

しかし、やはりオナニーだけでは完全に満たし切れず、2次元ではない3次元の水谷をものにしたくなった。

そこで、とある男性を呼び出し自動車を出してもらおうとたくらむ。

男性は水沢の完全なる奴隷関係であった。

水沢の脱ぎ立てのパンツや靴下、更にはションベンを『御駄賃』に自動車を出し、更には水谷を失神させて連れて来る仕事を依頼する。

男が失神させた水谷を連れて、車内にやって来る。

水沢は抑えきれずに水谷の乳首を吸う。

万条光太郎
万条光太郎

しかし、起きないもんですかね。

③第1チャプターの続き。

薬で眠っている水谷の乳首を舐めたりする。

キスの途中で眼が覚めて驚く水谷。

万条光太郎
万条光太郎

いざ起きると「守っていた」等の発言で自分の犯罪を正当化しようとします。

水沢のキスに駄目出しをしてキスを『やり直す』水谷。

水谷のテクでキスだけで逝ってしまう水沢。

万条光太郎
万条光太郎

乳首を舐めようとする水沢に「まだ早い」と駄目出しをした所は笑いました。

水谷に負けじと、水沢も水谷の乳首を転がす。

吸引力あるクンニに逝ってしまう水谷。

水沢の技に「まあまあ」と評価を付けた水谷は手錠を外すように頼む。

水谷の愛撫にタジタジの水沢が「どうして、ここまでしてくれるんですか」と問うと、「自分はレズ専門の風俗嬢である」事を打ち明ける。

万条光太郎
万条光太郎

レズセックスにおいて1枚も2枚も上手だったんですね。

水谷は拉致を許す代わりに、水沢に自分のレズペットになる事を求め、水沢は快諾する。

乳首を集中的に舐める。

クンニも集中的。

④メイド姿の水沢は献身的に水谷のために働く。

水谷から「そばに居て良いよ」って言われて、嬉しくて水谷の脚にスリスリする水沢。

水谷から特別に許可が出て、水沢は水谷の脚を舐める。

水谷がスカートを捲ると、匂いを嗅ぎながらパンツ越しにクンニ。

水谷から直接舐めの許可が出たので、スカートを捲ってケツの割れ目からクンニ。

万条光太郎
万条光太郎

ケツの穴も美味しく頂いたそうです。

横になった水沢に股がり、顔騎クンニ。

万条光太郎
万条光太郎

水谷が小刻みに腰を動かす所なんて、センズリしたくなりますわ。

⑤場所を水谷の寝室に移動する。

水沢は口枷プラス網ボンデージ姿。

キスを皮切りに耳など水沢の身体を舐めて行く。

万条光太郎
万条光太郎

私は気にならなかったのですがサイズが合わなかったのか水沢の左肩からずり落ちてアニマル浜口さんみたいなワンショルダーみたいになってしました。

腋など経由して、水沢のコーマンにたどり着いた水谷。

水谷の小刻みな舌な動きに感じまくる水沢。

ボンデージを脱いで全裸になった水沢が水谷の顔に股がる。

わざと嫌らしい音を立てたクンニに、肋骨を浮かせて感じる水沢。

水沢が倒れ込んだ先には水谷のコーマン。

激しく吸い合いながら69クンニ。

万条光太郎
万条光太郎

表情が見えなかったのが残念。

松葉崩し式貝合わせ。

まだ足りないよって合図のように、水谷が水沢にケツを向けた発射台式貝合わせ。

万条光太郎
万条光太郎

気持ち良過ぎて、まともに喋れなくなっている水沢。

ラストは正常位貝合わせ。

ここでくが「つぐみの計画、上手く行き過ぎてると思わない」と問い掛ける。

「確かに…」と考える水沢に、種明かしをする水谷。

水沢の前に現れたのは奴隷の男。

男は実は水沢より先に水谷の奴隷になっていた。

水谷が水沢を落とす為の道具として、水沢の所に潜入していたのだ。

得てしてストーカーものは内容が重くなりがちなんですが、本作品は監禁された側がストーカーよりも1枚も2枚も上手なためか、あまり悲壮感を気にして見る事が無かった事が良かったです。

それはラストに一手間かけたストーリーだった事も見易さを助長したのかも知れません。

水谷あおいは初期はネコ役ばかりでしたが、今はタチを当てても如才なくこなせるようになって今後も期待できそうです。

スレンダーだけど、貝合わせとかで肉付きの良い腰回りをカクカク動かす様や肉厚の唇やベロを相手の裸体に這わせる所なんざ、センズリのネタに文句無しです。

今年29歳でデビュー7年目だそうなので、これからもキャリアを積んで美しく熟して欲しいです。

下記の解禁作品の前からノンクレジットでサディスティックヴィレッジやゴーゴーズ等でレズに出演していた水沢つぐみ。

その当時からクンニとかには『いやらしく』光るものを私個人は感じ、レズAVでの場数が増える事に期待したのだが、いつの間にかフェイドアウトしてしまいました。

私個人は痛手に思ったんですけどね。


アダルトブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました