クーデター失敗 人生の大逆転を目論んだ女が罠にはまってさらに堕ちていく…

オフィスもの。
オフィスもの。ショート.レビュー。


アダルトブログランキング

(年月)2019年12月7日

(メーカー)ビビアン

(監督)モヒカル

(キャスト)八乃つばさ、蓮実クレア、あおいれな

(時間)120分

サンプル動画あります。

Internet_20200829_220534_10

八乃つばさは、とある会社で上司の蓮実クレアのキスを拒んで以降、同僚からの苛めにあっている。

わざと肩をぶつけたり足を引っ掛けたり…違う社会の人々の手口です

特に苛めるのが蓮実と、あおいれな先輩。

Internet_20200829_220534_3

あおいは犬になるプレイやクンニを強制されたりオナニーをするよう命令される。

Internet_20200829_220534_4

蓮実はトイレでションベンした後に紙がないと、八乃を呼び出しクンニでコーマンを綺麗にする。

別の日、八乃の得意先の会社からのクレームに対応した蓮実は八乃を呼び出す。

八乃はノーパンで机に座らされ、コーマンを酷評される。

「きったねえマンコ、ドス黒い」なんて言われていますが、八乃のコーマンをドス黒いなんて言うと大概の女優さんは…。

マン汁で濡れた八乃のコーマンに罵りながらバイブを突き刺す蓮実。

バイブを簡単に取り出せる現状は、おかしいと思います。

「仕事しに来てんのか‼」ドスの利いた声で罵りながら指マンする蓮実。

貴女がオフィスでやっている事もクレイジーです。

コーマン丸出しの姿を同僚に見られ、アタマからマン汁が沸き出る位に恥ずかしい八乃。

Internet_20200829_220534_5

八乃にマッサージさせておいて、牢屋の大親分の如く横たわる蓮実。

Internet_20200829_220534_6

しかし気持ち良くならないから舐めてマッサージと命令されて、八乃は困惑した表情で蓮実の足指や足裏を舐める。

そのあと八乃は蓮実から後ろ手に縛られると舌の使い方を習ってからクンニさせられる。

蓮実は八乃の頭を押さえ付けてコーマンに吸い付かせると自ら腰を振り逝く。

ある日残業していると蓮実達が横領している証拠を掴む。

解放感で気持ち良くなりオナニーをする。

翌朝、八乃は自信満々に蓮実に書類を見せる。

しかし、皆々様お分かりだが横領の証拠なんて眼に見える所に置くはずがなく、トラップに引っ掛かってしまう。

蓮実は仕事を切り上げ、同僚に八乃の公開処刑を予告。

苛めるのは蓮実とあおいだが、この光景を他の同僚が普通に見ていると言うのが残酷です。

濡れたコーマンに容赦なく指マン。

蓮実から「なんで苛めにあってるのか」と聞かれ、「誘いを断ったから」と答えた八乃に対して蓮実は「バーカ❗気分なんだよ‼️」って駄目押しする。

Internet_20200829_220534_9

その後はバイブを口やコーマンに突っ込まれたりして苛められた後、制服にションベンをかけられてしまう。

◇主人公は学生時代から苛められ続け、就職した会社でも苛められ、未来の見えない日々を過ごしていたが、残業中に見つけた資料に僅かながらの光明を見いだし逆転を狙ったんですが、物の見事に罠に引っ掛かりとっちめられる…非常に救い用の無いドラマでありました。

汚職の証拠なんて誰でも手に入る場所になんか置くはずがないんです。

それに1枚見つけただけでは決め手にならないはず…突き詰めていかないといかんのです。

クーデターとは言えないクーデターで自らの首を絞めた御粗末さ…こうなると「だから苛められ続けるんだ」「苛められる側にも問題がある」って言われちゃうんですよね。

しかし、彼女は日々苛められ続けたものの「いつかは逆転したい。見返したい」と生き続けて来ました。

それがあるから自殺したり会社を辞めたりしなかったのではないでしょうか。

そこに見えた一瞬の光明…普段だったら前述したように調べを重ねて蓮実の不正を暴こうと奮闘していたかも知れないが、もう我慢の限界に近かったんでしょうね。

◇FANZAのレビューにも有りましたが、『セレブ公開調教』のような苛めものが好きな方には受けるでしょうが、殆ど裸も出てこないし、センズリ目的で御覧になると自爆すると思います。

まぁ、大概のオフィスものに言えますが、オフィスで裸になり、ましてはセックスする事が非日常なんですけどね。

僕だけのあおいれな

あおいれな

1,899円


アダルトブログランキング

https://click.duga.jp/search/38168-01″ target=”_blank” style=”margin:0; padding:0;”>

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

コメント

タイトルとURLをコピーしました