純情一途に恋い焦がれ…未練.水色想い百合女学生。

ショート.レビュー。白虎作品。


アダルトブログランキング

純情一途に恋い焦がれ… 未練・水色想い百合女学生

みひな (あずみひな、永井みひな)

500円~

(年月)2020年2月19日

(メーカー)ゆりえっち/妄想族

(監督)白虎

(キャスト)みひな、山井すず

(時間)172分

みひなと山井すず…『派手な潮吹き』で御馴染みで『逝くためならばケツの穴を使う』事も可能な両者ですが、今回は封印して白虎監督の百合ドラマに挑みました。

①美陽(みひな)と鈴(山井すず)は両想いだったみたいだが、その関係を訳あって断ってしまった。

Internet_20200708_171406_1

しかし、ケジメの付いていない美陽はロッカールームで山井を襲う。

山井の体を熟知する美陽がキス→乳首舐め→指マン→クンニで山井を逝かせると、美陽の身体の事を熟知している山井が責める。

Internet_20200708_171406_2

キス→首筋→乳首と舐めた後に、コーマンを広げながらクンニすると、美陽も逝ってしまう。

山井の方が少し舌が長く、スクリューのような回転でみひなのコーマンを舐める。

指マンとクンニを会わせ技で、美陽を逝かせる。

②2年前の祭り。

浴衣姿の2人は楽しくて帰りたくなくなる。

そこで鈴は部活の用具室の鍵を見せる。

みひな達の2年前の話ならば、今が3年生で1年生の回想って事になる?

1年生が鍵を預かるなんて可能だろうか?

用具室の中でいちゃつく2人は、やがてキスをする。

キスはたこ焼きの匂い。パンツは柔軟剤の匂い。

じゃれあいながら浴衣の帯を解いて行き、2人とも裸になる。

乳首を摘まみ合った後、鈴は美陽のパンツを脱がし匂いを嗅いだ後にクンニ。

Internet_20200708_171406_4

更に指マンとの会わせ技で逝ってしまう。

自身のマン汁の付いた指を鈴に舐められるのは恥ずかしいから、自分で舐める美陽。

パンツを脱がせてから、鈴のパイパンのコーマンをまじまじと見つめる。

恥ずかしそうに開脚する鈴と、無防備にケツを突き出す美陽。

「同じことをしてあげたい」と、美陽も鈴のコーマンをクンニし、後から指マンを加える。

Internet_20200708_171406_5

69でクンニし合う。

この相思相愛ぶりから関係が破綻するとは予測が付かなかったでしょうね。

それにしても、浴衣をシーツ代わりにして絡み合う姿を見ると、潮吹きとかして汚さなければ良いなぁと心配になりました。

③2人は結ばれて同性愛を貫こうとしたが次第に美陽の方が弱くなってしまい、とうとう互いに彼氏を作って関係は破綻する。

鈴は、あのロッカールームでのセックスは関係を修復するラストチャンスと思い、美陽を放課後の教室に呼び出す。

Internet_20200708_171406_6

キスや耳舐めの後、美陽のコーマンをクンニする鈴。

鈴は指マンをしスピードを速めると、美陽は逝ってしまう。

やがて山井も脱いでいき、美陽は乳首をしゃぶる。

鈴を立たせてクンニしながら割れ目に沿って指を這わす。

美陽は鈴を机に肘を付かせると、ケツの割れ目からクンニ。

入れてる側の美陽が恥ずかしくなる指マン。

④事後、すっきりした2人は翌朝、思いを確認して整理して告白する事にした。

(2年前の回想)

鈴を呼び出した美陽は彼氏が出来た事を告げる。

同性愛を乗り越えようと誓い合った2人だが、美陽が乗り越えられないと見た鈴は別れを告げる。

これも2年前の回想。

その後、鈴は(好きでもない)彼氏を作り、美陽とは友達として接する事となるのだった。

翌朝、美陽は鈴に「もう1度やり直したい」と告白すると、鈴は笑顔で受け入れる。

Internet_20200708_171406_9

キスをしながら服を脱いで行く2人。

美陽は鈴をクンニ。

鈴は美陽のケツを突き出させて、ケツの割れ目からクンニ。

手マン合戦。

鈴は今度は美陽を開脚させてクンニ。

Internet_20200708_171406_10

ラストは貝合わせ。

◇だいたい百合の恋愛もののAVって両方または片方がビアンなんですけど、本作(の役)でのみひなも山井すずもそこまではガチに染まってる訳じゃないんですよね。

(たまたま)好きになったのが同姓で、互いに好意を抱き結ばれるんですが実は真正レズではない事から、みひなは山井との付き合いを続ける自身がなくなって彼氏を造って関係を断ってしまいます。

徐々に同性愛は認知されて来てはいますが、まだまだ…なんですよね、結局は。

家族とか世間体とか…もうちょい大人になると腹を決められるんだろうけど、まだまだ学生ですので、そこまでの覚悟がないだろうから気にしてしまうのは致し方ない。

基本的には関係を一方的に絶ってしまい後ろめたい表情の見えるみひなと、そんな彼女を笑顔で受け入れる山井すず。

色々会ったけど関係が元に戻って良かったなあと思いました…白虎監督は割合ハッピーエンドが多いかな。

恥ずかしさから自分のマン汁の付いた指を舐められたくないから自分で舐める所には恥じらいがあって良かったです。

道具を使わないのも高ポイント。

ただ、私みたいに飲み込みの悪い人間からすると現在→2年前→現在→2年前→現在って『現在』と『2年前』が交互に進行するストーリーの進ませ方を、もう少し分かりやすく出来なかったかと思ったりした。


アダルトブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました