狩りにくる女。

ショート.レビュー。
ショート.レビュー。初レズ。


アダルトブログランキング

(年月)2019年10月7日

(メーカー)ビビアン

(監督)ホルモンヒデキ

(キャスト)霧島レオナ、黒川すみれ

(時間)130分

サンプル動画あります。

Internet_20200704_003207_10

霧島レオナは夫婦で引っ越して来て、隣人に引っ越しの挨拶をしようとしたが、誰もいないのに話している女性(黒川すみれ)を見て驚き、逃げてしまう。

ある日、黒川が風呂が壊れたから(半ば強引に)貸して欲しいと言う。

黒川は風呂場に入るとシャワーを使ったり、洗顔場の縁に座ってオナニーする。

Internet_20200704_003207_1

オナニーの事後にタオルを渡す、レオナの見事なタイミング。

翌日、食べ物のあまりを持って来た黒川は家まで入るがレオナが夫と写っている写真を見ると表情を変え、わざと写真立てを落として帰ってしまう。

Internet_20200704_003207_3

翌日、家事をしている霧島の背後に回った黒川は霧島を犯す。

霧島を立たせてケツの割れ目からクンニしたり、キッチンに座らせてクンニ。

霧島は黒川で来ないように伝えるが、黒川は意に介さず「また借りたい時に借りに来るわ」と笑みを浮かべて去る。

『借りに来る』のと『狩りに来る』を掛けているかも知れません。

しかし、昼間の事が頭に浮かぶとオナニーをしてしまう。

やがて夜に眼が覚めて水を飲もうとすると、居ないはずの人影を見つけ怯える。

Internet_20200704_003207_4

その後に霧島は黒川に拘束されてしまいローター責め→指マン→バイブ責め

そこに電マがプラス。

バイブを足の指で押さえて抜けないようにしています。

翌朝、レオナが眼を覚ますと夫からの置き手紙。

そこには「昨日は、うなされていたぞ」と書かれてあり、黒川に拘束されていたのは夢だった事が分かります。

その夜、レオナは何故かしらオナニーをして寝てしまうのだが、深夜2時にまたも黒川が勝手に家に入って来る。

ちょくちょくオナニーするって事は、御主人との生活は擦れ違いが多い?

キスした後に黒川がクンニする。

Internet_20200704_003207_8

今度はレオナが黒川の乳首舐めをした後にクンニ。

69でクンニ。

黒川のようなパイパンの女性は寝せてコーマンの映りが分かりやすいポジションにすると、クンニしているのも分かるし、興奮は増すと思います。

Internet_20200704_003207_9

手マン合戦のあと、ディルドを刺し合う。

後日、ケーキを食べる2人の近くの写真立てには黒川と霧島の2人の写真が飾ってある。

レオナは離婚した訳ではなく、既婚しながら隣人の黒川との秘密の関係を続けて行こうとしてるんですね。

◎この作品は猫ミン監督の『隣の未亡人に犯されて始まる恋の物語(REAL)(http://blog.livedoor.jp/hu3586/archives/21523388.html)』に類似…と言うか、『まんま』ではないかと思います。

勿論パクったとかどうこうではなく、金田一耕助を『東宝版』『東映版』『松竹版』で制作したように1つのストーリーを各々のメーカーが取り上げただけなんでしょう。

◎霧島レオナ演ずる人妻はノンケなのは分かりますが、黒川すみれ演ずる未亡人はビアンだったのか?バイセクだったのか?

なぜ受け入れづらかった黒川のレズ行為を受け入れて、霧島レオナは複雑な関係を始めようとしたのか?

細かくは描かれておりませんが、視聴者本人が各々考えると言うのが正しいのでしょうね。

◎『隣の…』が隣人役の春原未来の肉食的セックスに感化されたように主人公の南真悠が初レズ(…しかも、彼女はレズ🆖だったらしい…)らしからぬ絡みを見せてくれました。

一方の霧島レオナは初レズだったからかも知れませんが、少し大人しかったですね。


アダルトブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました