野外凌辱聖水レズビアン①②。

ロケ、屋外&旅行もの。
ロケ、屋外&旅行もの。体液もの。調教。
なかなかシュールですね。

①みおり舞に芦名ユリアが

インタビューをすると言う設定で、

最初に『白鳥の湖』について語った後、車内移動。

この間の会話については…

みおりは、バレエのレッスンの他にスキューバをやっている。

和食が好きで、野菜を沢山食べるよう心掛けている。

人と関わるのが好きで、アウトドアも友達を誘って飲食するのが好き。

他に舞台鑑賞も好きなんだそうだ。

余談だが、みおり舞は上野樹里に似ているかなあと思いました。

一方のユリアは泳ぎは好きだが、もぐりは最近やっていない。

夕食を造るのが面倒になる時に外食や飲みに行く事がある。

彼氏はいない。若い頃はナンパされて、そういう気持ちになった事がある。

インタビューする側のユリアも、案外ざっくばらんに語るんですね。。

みおりの好奇心旺盛な点について「興味のないものはない」とユリアが言うと、みおりは照れ笑いする。

AVとは真逆な無風状態…しかし、次から展開は変化して行きます。。

②現場に着いたので、撮影に入る。

みおり自身がポーズにアイディアを出し、身体のラインについて語りながら服を脱ぎ出す。

下着姿にユリアは驚くが、みおりは気にせず撮影を要求する。

さらに全裸になり、開脚したり逆立ちしてのコーマン丸見えポーズを始める。

これは驚きますよ。全裸に加えてコーマンまで見せびらかすんですから…。

みおりの社内での行動にユリアは怯えてしまい、近くからの誰かの大声でもビビってしまう。

ユリアは言いたくなったでしょう…「なんて日だ」。

全裸のみおりが見えないよう、みおりを壁に押し付けてから前に立ち、防波堤役になる。

しかし、みおりは反転し、今度はユリアを壁に押し付ける。

「興味のないものはない」みおりにとって、自分のオマンコを見せると困った顔をするユリアに興味があると言いながら、キスをする。

実は膝でユリアのコーマンを刺激しているのであった。

長いキスを解いた時に声を出したユリアに、みおりは「声を出すと他の社員にバレちゃうよ」と言う。

みおりはユリアのスカートを捲り、パンストに手を入れてパンツ越しにコーマンを触る。

隣の部屋では会議をしている模様。

ユリアの脳内では「誰か来なきゃ良いが…」または「誰か来て助けてくれたら良いが…」の両方浮かんだのでは。

みおりはパンツを脱がしてクンニする。

誰かが部屋をノックするが、「取材中」と言い人払いしてしまう。

まあ、現実は、そう言う選択をします。

ユリアは、みおりのクンニの後の指マンで逝ってしまった。

みおりは、ユリアのマン汁で濡れた自分の指を見て「嫌がっているのはフリ」なのかと、ユリアに問う。

「嫌なんだけれど刺激するから」とかって言うのも、また変ですわね。

sora00117jp-1

みおりは指マンをしながら、困惑するユリアの眼前に自分自身のコーマンを見せる。

みおりは指マンで濡れた指を舐めながらキスをする。

みおりが天真爛漫に攻めるのと、攻められて困惑するユリアのコントラストが面白いです。



アダルトブログランキング

FC2ライブ

SOD(ソフト・オン・デマンド)ch

アダルト動画

DMM GAMES 遊び放題

アイドルチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました