レスボスの掟 雌蜘蛛旅館に住み込んだ新人仲居。

SM&ハードコア



アダルトブログランキング

(年月)2019年12月

(メーカー)シネマジック

(監督)岸司

(キャスト)宮沢ちはる、藤咲えりか、水原麗子

(時間)120分

サンプル動画あります。

シネマジックお馴染みのレズものの本作品は人気の宮沢ちはるを迎えて製作されました。

主人公(宮沢ちはる)は病弱な母親に代わって父親の借金を返す為に健気に働く。

しかし借金取りが自分の勤務先まで来るようになり(勤務先で)仕事がし辛くなった事から住み込みで働ける旅館に転職する事となり、先輩(藤咲えりか)に付いて仕事を覚える事となる。

ある日、ちはるは魔が差して客の財布を取ってしまう。

ちはるはオーナー(水原麗子)から詰問されるが、だが何故か先輩が罪を被ってしまう。

罰として先輩はオーナーからケツを叩かれ、おまけにコンニャクをケツの穴に9個入れられ、更に浣腸で出させられてしまう。

この光景を見てしまい、ちはるは恐怖におののきます。

ケツの穴にコンニャク入れられて出す様は通常ではあり得ないですからね。

先輩が何故ちはるを庇ったのかと言えば、元々ちはるの事を先輩は好きで、(ものにする為に)わざと罪を被り、ちはるが断れないように仕向けたのだそうだ。

かばってくれた先輩を無下には出来ず、ちはるは先輩の性の調教を受ける羽目になる。

指マンの後に…

開脚されたちはるの乳首やコーマンにコンニャクを押し当てる。

宮沢ちはるの足の指の間に挟んだコンニャクは、後でスタッフが美味しく頂きました。

ディルドやコケシをコーマンに挿入。

パイパンなのでコケシが割れ目に入る様がもろ分かり

足に枕をくくりつけて緊縛された、ちはるの裸体に蝋燭を垂らす。

熱くてケツを上げた時に具が見えます。

えりかは裾を捲ってコーマンを出しクンニをさせるが、ちはるのクンニが気持ち良くならない為にビンタを食らわせる。

ちはるが無我夢中でクンニして逝かせた後に(ちはるの)コーマンにディルドを突き刺す。

ある日、ちはるは麗子から自治会の旅行で留守にする為に、えりかが逃げないよう見張るように言われる。

ちはるは承諾するが、麗子から「見張られているのは、あなたかも知れない」と言われギクッとなる。

このやり取りは気になりましたね。

えりかが、ちはるを調教しようとしているのを麗子は知っていたのでしょうか?

ちはるは両足だけでなく両手を棒で固定されて縛られ、鼻フックされたり、乳首に洗濯ばさみを付けられたり腕に灸を据えられ、更にはバイブでコーマンを当てられる。

◇セックスの行為で言うと指マンやクンニが数回出る程度なんで、レズAVと言うよりは男性の出ないSMと言った方が近い作品でした。

宮沢を苛める藤咲えりかは前半でケツを叩かれたり中盤辺りでクンニされますが、全裸はおろか乳を出しません。

◇宮沢ちはるはコーマンをパイパンにしていますが、終盤に片足を上げられて緊縛をされた後に、えりか先輩からケツの穴を吸われて喘ぐ時にコーマンの割れ目がクッキリと見えるのは、センズリしたくなる人もいたのではないでしょうか?

昔ほどではないですが、濃いモザイクの多い中、シネマジック様のモザイクは割合コーマンの形が分かりやすいのでクンニ等のコーマンへの責めが分かりやすいのは高ポイントではないでしょうか?

◇120分が短く感じたのですが、何かと物足りなさも覚えました。

私個人の意見ですが、色々なプレイを詰め込み過ぎたように感じます。色んなプレイが見れたのを良しとするか、もう少しじっくり責める様が見たかったような…。

◇宮沢ちはるはアナル経験済みみたいなのでコンニャク浣腸期待した方も多かったと思われますが、流石に無かったですね😅


アダルトブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました