接吻レズビアン 禁断の女友達.舐めて愛して貪って①。

友達レズ。
友達レズ。鳥浜作品。
接吻レズビアン 禁断の女友達・舐めて愛して貪って

 

かなで自由

480円

自由は、誰かを待っているらしくソワソワしている。

そんな自由を不審そうに見つめる母親は、パートに出掛ける為に家を出る。 

家を出た時に母親は、若い女性が家に入って行った事で、さらに不信感を増す。 

この母親が、かなで自由に似ても似つかない顔付きのオバサンです…良く見付けて来たもんだ? 

若い女性は藤川れいな。自由とは親友で、最近は密に会っているらしい。 

玄関にて。 

藤川と自由は会う度に『やらない』と気が済まないらしい。 

藤川は自由の顔を「オマ◯コみたい」と言う。 

自由が「どう言う事?」と返すと、藤川は「凄くイヤらしい」と言うや否や自由のスカートを捲り、パンツの中のコーマンに手を入れる。

性器みたいな顔って、微妙な気分になりますね。顔に縦に皺があって、みけんに御出来なんかあるとリアル?

自由も藤川のパンツの中に手を入れ、コーマンを触る。 

互いに『大洪水』のコーマンを触りながらキスをし、マン汁の付いた指を舐め合う。 

余計な御世話ですが、玄関で始めると不特定多数の誰かに見られる確率は高くなります? 

藤川は自由に後ろから抱き付き「会いたかった」と言うと、自由は「やりたかったの間違いじゃないの」と返す。 

この台詞は、鳥浜監督の作品で良く使われます。 

玄関から部屋に移り、ソファの上でベロチューする。 

鳥浜作品では、台詞の『おうむ返し』も、頻繁に使われます。 

藤川は自由の服を脱がせて、耳や鎖骨あたりを舐める。 

服を脱ぐとノーブラである事に違和感を覚える方もおられるそうです。 

左手で右の乳首をいじくりながら、左の乳首を舐める藤川。

藤川は舌を長く使い、ベローンと言う感じで、イヤらしく舐めます。 

攻守交代し、藤川が脱ぐと、自由は耳や右の乳首を舐める。 

一方の自由は舌を小刻みに動かして乳首をピンポイントで舐めます。 

自由は藤川のデカい乳輪に沿って乳を舐める。

藤川は自由の乳首を舐めながら、パンツ越しにコーマンを触り、やがてパンツの中に手を入れる。

藤川は自由のパンツを脱がせてコーマンを露にし、「ここをどうして欲しい」と聞く。

自由が「舐めて欲しい」と返答したので、藤川はベロを上下左右に動かしたり吸い付いたりしてクンニする。 

藤川がベロの動きを速くしたクンニで逝った自由は「オマ◯コ逝った。逝かされた」と言う。 

この台詞も鳥浜作品では『常套句』です。

次は自由が藤川のデカパイを舐めてから、パンツ越しにコーマンを舐めると藤川は逝ってしまう。 

更にはパンツの中に手を入れて手マンで逝ってしまった上に、とどめとばかりにパンツを脱がせてクンニ…藤川は短時間で3度逝ってしまう。 

藤川に比べると、自由の攻め時間が短かったような気がします。 

しかし、この2人の絡みを、自由の母親が見てしまう。 

鳥浜監督は、わざわざレズ関係を引き裂こうとするシチュエーションを造るんですが、私は好きになれません。 

玄関で帰ろうとする藤川を自由が引き留めて、キスをする。 

出てきた藤川に母親が「ちょっと来て。付き合ってもらうよ」と呼び、連れていく。

サンプル動画あります。


アダルトブログランキング

FC2ライブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました