レズに堕ちていく私~一寸先はレズ地獄~ 飯岡かなこ 結城みさ

ショート.レビュー。
ショート.レビュー。ドラマ。初レズ。

レズに堕ちていく私 飯岡かなこ 結城みさ

森沢かな(飯岡かなこ)

300円~

(年月)2014年6月5日

(メーカー)ビビアン

(監督)三島六三郎

(キャスト)飯岡かなこ、結城みさ

(時間)118分

飯岡かなこは広島から上京して普通の生活に憧れる女性。

ある日、自転車で通勤途中で、とある女性と衝突してしまう。

女性の名前は翔子と言い、ピアノの発表会を控えていたが、手に怪我を負ってしまい参加を諦めざるを得なくなる。

母親のみさの提案で、医療費の代わりに暫くの間は結城家に居候して働く事となる。

事故はあったが翔子は飯岡を姉がわり、飯岡は翔子を妹代わりに慕い有効な関係を築く。

しかしフェロモンむんむんの母親.みさは飯岡からすると苦手な存在であった。

ある夜、みさはマッサージと称して飯岡の身体を触りまくる。

その時は抵抗し未遂に終わるのだが、仕送りをして生活がカツカツな上に翔子の医療費を払わなければならないのを免除してもらっている飯岡からすれば、結城の家に行かなければならない。

ある日にはワインを口移しで飲まされ、キスを奪われてしまう。

とうとう、みさの牙は飯岡に向けられ、襲いかかる。

ねっとりとした舌使いで、飯岡の乳首や腋を舐め回し、時には激しく責める。

足の裏を舐めた後に、足指の股の匂いを嗅ぐ。

みさの右手はガッチリと飯岡のコーマンにロックして、回転させた手マンを見せる。

みさの舌は次第に激しくなって行き、獰猛なクンニ。

飯岡は逃げてしまうが、入浴している所に、みさが入って来る。

万条光太郎
万条光太郎

そりゃあ、みさの家ですからね。

飯岡は上がろうとするが、みさは手を掴んで離さない。

みさは飯岡を洗った後に、コーマンにシャワーを当てる。

みさからのシャワーと手マンの合わせ技に飯岡は逃げてしまう。

飯岡は寝るが、みさは見逃してくれるはずがない。

万条光太郎
万条光太郎

そらぁ、みさの家ですからね。

パンツを脱がせてから、緩急をつけたクンニ。

飯岡は、みさからのレズ行為に耐えられなくなり、居候関係を解消を申し出る。

万条光太郎
万条光太郎

その時の「何でもやるから」なんて命取りな発言ですわね。

万条光太郎
万条光太郎

舌先だけでなく全体で舐めたり、吸ったり、一辺倒にならないのが良いですね。

獰猛なクンニや手マンに加えて、

ケツの穴まで…

万条光太郎
万条光太郎

普段の立ち振舞いは上品な感じですが、セックスになると下品になるコントラストが良いです。

ここで、みさは飯岡の手を使い手マンさせた後、顔に股がってクンニさせる。

手マン合戦をしてから、みさは乳首舐めの後、貝合わせ。

だが双頭ディルドを突き合っていた所に、翔子がドアを開けて見てしまう。

飯岡は翔子の部屋に行き詫びようとするが、そこで翔子から仰天のコメントが…

♡森沢かなは1992年5月9日生まれの今年29歳。

2012年7月13日にAVデビューですので、(私だけしか述べていないのですが)『黄金世代』の1人であります。

デビュー当時の『藤原遼子』や『飯岡かなこ』等さまざまな名前で活動していましたが、2016年辺りから『森沢かな』で通しているみたいです。

薄幸そうな顔立ちの森沢が喘ぐ姿、またデビューして間もなくからケツの穴を使ったプレイ等をこなすギャップがファンには『たまらん』でしょうね。

♡結城みさは1979年10月1日生まれの今年42歳。

2010年に30歳でAVデビューすると母乳を出す等のパフォーマンスが受けて、人気熟女となる。

初レズは『レジェンド』風間ゆみとの共演作と言われております。

この作品を機にレズAVの出番が増え出します。

真咲南朋監督のレズAVに出ている印象が強いですね。

そして、2013年にリリースされ、いまだに評価の高い…

『真咲南朋↔️結城みさ↔️春原未来』が、繋がりました。

2013年一杯で女優を引退したので、この作品が出た時には引退していたんですね。

◇サブタイトルの『一寸先はレズ地獄』って表現は、個人的には好きではないのですが、本作品における飯岡かなこにとっては、まさに地獄と言う結末になりました。

ビビアンは2014年5月に下記3作品をリリースしてAV業界に生を受けました。

飯岡かなこの作品は翌月の注目作だったと思います。


アダルトブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました