濃厚接吻! 親友レズビアン 愛し合い、イカせ合う女と女の癖になっちゃう性生活

ショート.レビュー。
ショート.レビュー。友達レズ。鳥浜作品。

(年月)2021年3月25日

(メーカー)ヒビノ

(監督)Dr.Torihama

(キャスト)須崎美羽、篠原りこ

(時間)140分

冒頭はストリップまがいの脱衣シーン。

万条光太郎
万条光太郎

たまに『タイトルに偽りあり』って作品も有りますが、篠原りこのキスはタイトル通り…いや、これ以上のいやらしさが有ります。

①須崎美羽は女性を愛する事に悩んでいて友達の篠原りこに相談してみると、篠原は嫌悪感を抱かず、しかも相思相愛だったのが分かり、一安心。

場所を移してキスをする。

最初は軽い気持ちだったが、好きな相手としてるとキスの熱も上がってくる。

やがて須崎が篠原のパンツの中に手を入れ、手マン。

篠原のパンツの上からクンニした後、パンツを脱がせての直接クンニ。

須崎の小刻みな舌使いに篠原は腰を浮かせて逝ってしまう。

今度は篠原が須崎をパンツの中から手マンする。

パンツを脱がせて開脚させながらのクンニ。

万条光太郎
万条光太郎

引きの映しばかりでクンニしてる表情のアップが少ないのが残念です。

②ベッドにいる2人。

緊張気味の篠原に、もっと近くに来るように促す須崎。

照れながらキスをする。

徐々にエンジンがかかる(⁉️)と、相手の舌を吸ったり絡み合ったりするようなキスになる。

服を脱いでトップレスになる。

やがて篠原が須崎の腋を上げて舐める。

次いで須崎が篠原の腋舐め。

須崎が篠原の乳首を舐めると、篠原の呼吸が荒くなる。

キスをしながら乳首をいじり合う2人。

執拗に須崎の乳首を転がす篠原。

互いにパンツの上からの手マン。

篠原がパンツの上からクンニ。

引き続きパンツを脱がせてのクンニ。

クリトリスを重点的に責められての手マンとクンニで、須崎は逝ってしまう。

須崎が小刻みに舌を動かし、篠原の乳首を吸う。

万条光太郎
万条光太郎

須崎の舌の動きが、ムチャクチャ早いです。

へそを舐めた後に、パンツ越しのクンニ。

そこに手マンが加わると篠原は腰を動かしながら逝く。

パンツを脱いでのクンニや手マンは感度が増すように、腰のみならず身体を震わせる篠原。

69クンニ。

③入浴中にキスをする両者をバックに、両者の好きな部分を言い合う。

④寝る前に、須崎が篠原にマッサージしてあげる。

もちろん普通のマッサージになるはずがなく、須崎は篠原の乳首をマッサージ。

下着がはだけて露になった篠原の乳首を転がす須崎。

篠原の指をフェラチオみたいに舐めた後に腋舐め。

万条光太郎
万条光太郎

ノーブラには賛否両論あるみたいですが、腹巻きみたいになって絡む位ならば、私は賛成です。

更には脚の後にパンツの上からのクンニと手マンで篠原が逝く。

次は篠原が責めに転じ、乳首舐め→腋舐め。

キスの後に篠原がピンクローターを持ち出し、互いの乳首やコーマンに当て合う。

ローターをコーマンに挟んで、パンツを履きながらの貝合わせ。

万条光太郎
万条光太郎

一瞬、ここで終わりかって思いました。

篠原が(須崎の)パンツを脱がせてのクンニで、須崎が逝く。

コーマンに指を入れ、上下に動かしての指マンで2度逝く須崎。

万条光太郎
万条光太郎

互いのコーマンが当たる時の『カッポン、カッポン』って音が、何ともいやらしいですね。

須崎が篠原のパンツを脱がせてクンニする。

逝ったばかりのコーマンに指を入れる。

万条光太郎
万条光太郎

同じ指マンでも篠原が縦に動かすのに対し、須崎は横に動かすのが面白い。

駄目押しでギターを爪弾くような手マン。

松葉崩し式貝合わせ。

須崎が上位の貝合わせ。

篠原が上位の貝合わせ。

須崎美羽は1997年6月19日生まれの今年24歳。

2020年10月に思春期フィクションからAVデビュー。

篠原りこは2001年8月17日生まれの今年20歳。

2020年12月に本中からAVデビュー。

なお無記名の作品までは把握しておりません。

ともに初レズかと思いきや、下記作品で済ませているそうです。

この作品は5話オムニバスで、それぞれ別のチャプターに出演していたので共演はしていません。

冒頭のキスでは篠原は能動的なのに対し、控え目に舌を出す須崎は受動的に見えたので、篠原がリードするかと思っていたら、意外や須崎が篠原をリードする形で進行していきます。

須崎の短めな舌を小刻みに動かしての愛撫は、なかなか将来を期待したいです。

一方の篠原りこは須崎からの愛撫に制御なしにビクンビクン感じまくる様は、センズリのし甲斐があると思います。

終盤の貝合わせの時には僅かでも隙間があると自分からコーマンを当てに行って感じている所にスキモノぶりが伺えます。

ケツを責めるシーンがないなど絡みにハードさはないですが、いやらしい愛撫の須崎、いやらしい感じ方の篠原の健闘もあり、見応えある作品になっています。

それだけに時間は少なくてもローターを使うのが蛇足なんですわ。


アダルトブログランキング

DUGA

コメント

タイトルとURLをコピーしました